Doi Camera, NY

japanese passport photo, japan

 証明写真, NY, ニューヨーク。

証明写真に予約は不要です。写真及びデジタルファイルはその場で10分ほどで出来上がります。

・ ニューヨークでの証明写真、店舗・営業時間はここ

・ ドイカメラへのお問い合わせフォームはここ

日本語ホーム / Doi Camera Home

 

目次
・ 日本のパスポート用写真
・ アメリカのビザ(査証)用の写真
 米国ビザ用及びグリーンカード申請用の写真
   デジタル証明写真(米国ビザのオンライン登録用、DS160用)
   E-mailで送られてきたデジタル画像の使い方
・ 自分で撮影した画像からの証明写真の作成
   撮影方法
   画像の送付方法
   費用 
   支払い方法
・ その他の証明写真
・ お支払い方法
・ ドイカメラNY 店舗・営業時間
 

 

 

 


日本のパスポート用写真

日本のパスポートの申請に必要な写真を外務省の基準に従ってお撮りします。
2006年3月から日本旅券(パスポート)用の写真の規定が新しくなり、電子化されると共に、
サイズなどの規定もミリ単位で要求されるようになりました。

日本のパスポートに関する 外務省のサイト。

外務省による日本のパスポート写真の規格説明

外務省による日本のパスポート写真としては不適切な例(PDFファイル)。

ご来店の前に、新しい日本のパスポート写真の詳細をご参照下さい。

さらに細かい日本のパスポート写真の撮影方法について、ここに説明いたしました。

日本のパスポート写真に関して、平成23年6月17日に、新たな改正がなされました。
詳細はここ


世界各国の移民局で自動顔認識システムが導入されているため、顔の全面を撮影する必要があります。
以下のような事にご注意ください。

 

ピアス、カラーコンタクトレンズなど店頭で外すことが困難なアクセサリーなどは事前に外してからご来店下さい。

 

 

タートルネックなどで首からあごまで掛かるような服装は避けて下さい。
 


白系の服装は背景に溶け込み顔だけが浮いてしまいます。ジャケットなどをご用意下さい。
 


メガネはずして頂きます。
 

日本のパスポート写真にはまだ明確な規定がありませんが、アメリカのビザ、アメリカのパスポートでは、
デジタルによる顔認証システムの導入にともない、眼鏡の使用は禁じられています。

It's official. As of November 1, 2016, no eyeglasses are allowed in US passport photos.



No glasses in US Visa photos as of November 1, 2006.


前髪が眉毛に掛かるようなヘヤースタイルは避けるようにしてください。
 
   



パスポートの申請には、写真一枚が要求されていますが、予備を含め、2枚一組でお渡ししています。

費用: 2枚で一組 15.95 ドル。 (ただし、新生児など一人で座れない場合は25 ドル)。

日本のパスポート用写真(35x45ミリ)、アメリカのパスポート・ビザ用写真(2x2インチ=5センチx5センチ)の他に、
3x4センチ、2.5x3センチ(1x1.5インチ)などの写真も承っています。



ドイカメラNY 店舗・営業時間

 


ビザ用写真・ビザ用デジタル写真

アメリカのビザ用の写真には、
1)プリントの写真(2x2インチ=5cmx5cm)と 
2)デジタルファイル 
の二種類があります。

アメリカのビザの更新には、通常デジタルファイルと写真2枚が必要になります。
1.オンラインで予約を取るために必要 ー  デジタルファイル
2.実際のインタビューの時に写真が必要 ー 写真2枚

グリーンカード(米国永住権)の新規申請には、通常6枚か8枚かの写真が必要になります。
弁護士に確認の上、ご来店下さい。

米国以外の世界のビザ写真については、ここをご覧下さい。
弊社では、60カ国近くのパスポート写真とビザ写真を取り扱っております。

ドイカメラNY 店舗・営業時間

 

米国ビザ用の写真(プリント)

2x2インチ(5cmx5cm)で、アメリカのパスポートと同じ規格です。
ただし、グリーンカード申請用の場合は、両耳を出し、メガネも基本的にはずして頂きます。

 

米国ビザ用のデジタルファイル (DS160用のデジタル・ファイル)

 

DS160 デジタルビザ

DS160でリニューアル(更新)するL,H,Eなどの米国ビザ
EVAF (Electronic Visa Application Form)

Gビザ(国連ビザ、国際機関ビザ)
Aビザ(公用ビザ、外交官ビザ)、 NATOビザ

オンラインで更新の申請をする際に必要なデジタルファイルです。
全てのデジタルファイルは、米国国務省の事前確認サイトで検証の後にお渡ししますので、
確実に申請に使うことができます。

ファイルは基本的にCDに焼いてお渡しします。

もし、E-mailでの送付をご希望の方は、店頭にスマホをお持ち下さい。
その場でこちらから指定する専用のE-mailアドレスへメールを送っていただき、
それへの返信にファイルを添付するという形でファイルをお送りします。
単にE-mailアドレスをお教えいただいてもそこへの送付は致しません。
もし一文字でも間違った場合に、まったくの他人にファイルが行ってしまうのを防ぐためです。
ご理解ください。

費用は、25 ドル。

DS−160 及び EVAFに関する詳細。
Gビザ、Aビザのオンライン・アプリケーションに必要なデジタルの詳細

さらに、日本のアメリカ大使館でのインタビューの際には、紙焼きの写真を持参しなければなりません。

(以下の二つの画像は、日本のアメリカ大使館のWebサイトからのキャプチャーです。
コピーライトは、アメリカ大使館にあります。)


デジタルファイルと共に印刷された写真も必要な場合は、米国ビザ用のサイズで、二枚一組10ドルです。

日本以外で面接の場合、実際の写真が何枚が必要かは、申請する大使館によって異なりますので
お客様の方で事前に確認して下さい。

当店で撮影された写真以外からの、証明写真の作成は承っていませんので、御注意下さい。

 

ビザ用のデジタル・ファイルをE-mailで受け取った場合の使用方法

店頭で撮影した場合はCDをお渡ししますが、E-mailで御注文のお客様へは
E-mailにてファイルをお送りしています。
E-mailにてファイルを受け取った場合は、以下のように使用して下さい。
1.

受け取ったファイルを、デスクトップ、あるいは、
(マイ)ピクチャー・フォールダーに一旦ダウンロードし、申請の時は、そこからアップロードします。

決して「添付の画像を見る」を選んで、ダブルクリックなどで、
開けて、再び「保存」する、などはしないで下さい。(ファイルの大きさが変わってしまいます)。
(画像を見る、は、View とか、Open という風に書かれている時もあります。
これは選ばないで下さい)

具体的な方法はお使いのメールソフトによって違いますが、
基本的には、受け取った添付のファイルの「保存」を選び、次に、
保存先、にデスクトップなり(マイ)ピクチャーなり、を選んで下さい。

(お使いのメーラーによって添付さてて来た画像の処理には、
画像を見る、と画像を保存する、の2つがあるの通常ですが、
ここでは、保存する、を選びます。
保存は、Save ないし、Download と書かれているときもあります。)



2.

具体的な方法は各メール・アプリケーションで違っていますので、以下を参考にしてください。
(お使いのソフトウエアーのバージョンによって、いろいろと違っていますので、参考程度に
思ってください)


Gmailの場合

Hotmailの場合

Yahooメールの場合

Out Look Express, サンダーバードなど。

3. DS-160やグリーンカード更新・抽選等のフォームを記入し、
画像をアップロードの処で、[Choose File] ないし[Browse]で、
先のダウンロードしたファイルを選択し Openして下さい。
4. DS-160やグリーンカード更新・抽選申請などのフォームで、
画像の事前チェック(TEST)は、こちらでしてありますので、不要です。
5. メールの添付ファイルは何回でもダウンロードできるので、
ダメならやり直せばよいだけですから、気楽にやってください。
6. 他のコンピューターへ画像を送る際は、ダンロードや保存はせずに、
受け取ったメールを「転送」(Forward)して下さい。「転送」で送信した場合は、
添付されている画像の大きさやフォーマットはオリジナルのままで送られます。


G-Mailの場合

 


Hotmailの場合

画像が表示されないときは、表示アイコンをクリックする。

画像が表示されたら、下にあるダウンロードを選んでデスクトップに保存する。

 


YahooMailの場合

画像の保存方法は二通りありますが、どちらでも結構です。

その1.




その2.



スキャンして保存、を選ぶと、ウイルスをチェックしてから、以下の画面がでます。

 


サンダーバードアウトルック・エクスプレスなどの場合。

メールを開けるとしたの方、または、メールのトップに、添付画像のアイコンがでますので、
それを右クリックして、「保存先を選んで保存」を選択して、デスクトップに保存します。
決して、Open=画像を開ける、や、ダブルクリックで画像を展開しないで下さい。







その他各種証明写真の撮影

 

日本のパスポート用写真(35x45ミリ)、アメリカのパスポート・ビザ用写真(2x2インチ=5センチx5センチ)の他に、
3x4センチ、2.5x3センチ(1x1.5インチ)などの写真も承っています。

また、世界60カ国以上のビザ、パスポート写真、デジタルファイルなどを撮影しております。
詳細はここ

 

 

 

自分で撮影したデジカメ画像からの証明写真作成

御自分で撮影さいた画像をE−mailして下さい。必要な証明写真を作成致します。
以下のような場合に便利です。

・ 新生児の証明写真などで来店が困難な場合
・ NY地域以外にお住まいの方
・ お近くでアメリカビザ更新用のデジタルファイルの作成が困難な場合

なお、証明写真としての性格上、いかなる場合でも、お顔自体の修整には一切応じかねます。
また、送られてきた画像の全てについて加工できるわけではありません。 お撮り直し、再送などを求めることもありますので、 あらかじめ、御了承下さい。

御注文の手順
1. デジタルカメラにて撮影
2. E-mailにて送付
3. 当方にて画像のチェック、お見積り、支払い請求
4. 費用支払い方法
5. 郵送 (あるいは店頭でのお引渡し)

 

撮影の方法

【ご注意】 お送り戴いている写真の多くは、顔が大きすぎて使えません。
全体を小さめに撮影し、上半身が写った画像を是非お送り下さい

カメラのファインダーでは顔がこのくらいの大きさです。かなり小さいことに注意。

 

被写体の人の目の高さとカメラの位置が平行であること、上からでも下からでもないこと、が重要です。

顔、両肩から胸の下まで入った画像が必要です。

 

 画像をお送り頂く前のチェックリスト
1. 両目はハッキリと見えているか (髪が眉毛から目を覆ってはいないか)
2. 口を閉じているか (笑わずに自然の顔で。ただし、赤子の場合は、常識的な範囲でOKです)。
3. 頭のてっぺんから画像の上端までに余裕はあるか 
4. 両肩から胸したまで入っているか。(特に赤子では、顔が大きすぎる写真がとても多いので注意)

 

基本

 

白い壁や布、毛布を背景に、昼間に自然光で撮影。

背景が白いことと、昼間であること、自然光で、がポイントです。

フラッシュによる撮影ですと、メガネ、おでこ、鼻のトップ、化粧などが、反射して
証明写真としては、 難しい場合があります。
夜に室内で撮影しますと、画像が荒れて証明写真としては適しませんので、
昼間明るい処で撮影して下さい。

全体の中で顔が小さい事に注意して下さい。
両肩から胸下まで入れてください。

幼児の場合

赤ちゃんはできるだけ、白以外の着物を着せてください。
背景が白なので、コントラストが必要なためです。

寝かせる例 胸に抱く例


赤ちゃんを白い毛布に寝かせて上かから撮るか、
自分の胸に白い布を置き、膝の上に抱っこして撮影。
あるいは、バギー(乳母車)の中で、背景に白の毛布をおいての撮影。

両目がi開いている事。できるだけカメラ目線になるように。
他の人が、撮影者の背後に立って、音の出るおもちゃなどで赤子の注意をひくのも一考です。
おもちゃの無いときは、固めのプラスティック(ビニール)袋を揉んで音を出してみて下さい。

 

顔の大きさ

顔がカメラのディスプレーの4分の1くらいの大きさで撮ってください(くれぐれも大きすぎないように)。
下のサンプルを参照して下さい。


お送り戴いている写真の多くは、全体の画像の中での顔のサイズが大きすぎて使えません。

最近のカメラの画素数は、充分に大きいので、顔を大きく撮らなくても、充分な情報がありますから
顔と肩、胸までが全部入るように撮影して下さい。

カメラのファインダーでは顔がこのくらいの大きさです。かなり小さいことに注意。
服装
白の服装は避けて下さい。
証明写真の背景が白のため、背景とのコントラストがなくなるためです。
   
   
コンタクト

カラーコンタクトレンズは、外します。
視力補正用のレンズはそのままで結構です。

 

両耳

できるだけ、両耳が見えるように撮影します。

日本向けの場合、また、アメリカの一般ビザの場合は、厳しくありませんが、
アメリカのグリーンカード(永住権)、シティズンシップ(市民権)用の写真、EU向けビザなどでは、
両耳を出すことが求められます。

 

笑顔

笑顔は禁じられます。
できるだけ正確な個人生体情報をデジタル化するためです。
ニュートラルな表情、つまり、普通のままの顔で、撮影します。

口は必ず閉じて下さい。

 

髪の色

ヘアーダイをしている場合に関しての規定は無いようです。

 

その他

日本のパスポート写真の場合、
大きさに関しては、こちらで調整したしますが、顔の表情などは、
日本のパスポート写真関する外務省の通達をご覧下さい。

 

 

撮影した画像をE-mailで送る。
1.E−mailの件名は、必ず、日本語で 証明写真 として下さい。(それ以外の添付ファイルは開けません)
2.記載内容
−1.お名前
−2.証明写真の用途と枚数
−3.郵送か店頭引き取りか
−4.(郵送の場合のみ) 郵送先住所
デジカメの画像は、お使いのメールの「添付ファイル」として送れます。
スマートフォーンの場合は、それぞれのアプリで直接下記のメールアドレスへ送って下さい。
オリジナルのデジカメの画像をそのまま送って下さい
トリミング、サイズ変更、色修正などは一切しないで下さい。
E-mailのあて先は、Doicameraアットgmail.com です。 アットは@に置き換えて下さい。
メールの件名欄(Subject)は、必ず日本語で、証明写真と書いてください。
英語で件名(サブジェクト欄)を書かれた場合、あるいは、件名ブランクのメールは 一切開けませんので、ご注意下さい。
証明写真の用途と枚数を明記して下さい。(例:日本用パスポート二枚、米国用ビザ二枚、DS160用ファイル、など)
店頭お引渡しか、郵送かを明記して下さい。(郵送費用は、全米一律で$5.95)
店頭でお引渡しの場合は、お引渡しの際のお支払いで結構です。
郵送の場合は、 郵送先の御住所を明記して下さい。 お支払いの方法はここ

米国ビザ用のデジタルファイルDS160の場合、E-mailでの返送も可能です。
米国ビザ用の写真とデジタルファイルの両方が必要な場合は、写真は別に郵便でお送りします。

画像は DS-160/DS156のフォーム用に加工され、事前チェック(TEST)は、こちらでしてありますので、
そのまま申請手続きに使えます。

DS160の米国デジタルビザ写真をE-mailでお送りした場合のオンライン・フォームへの使用方法:
1. 受け取ったファイルをデスクトップあるいは、マイピクチャーフォールダーなどにダウンロードする。
2. 決してダブルクリックなどで、開けたり「保存」などをしないで下さい。(ファイルの大きさが変わってしまいます)。
3. DS-160フォームを記入し、画像をアップロードの処で、先のダウンロードしたファイルを直接Openして下さい。

E-mailでの御注文は、店頭とは別の部署で処理しておりますので、対応はE-mailのみになります。
お電話や店頭でのお問い合わせを頂いても対応できませんので、ご注意下さい。

 

E-mail送付の前に今一度以下の事をご確認下さい。

1.件名は、日本語で 証明写真 として下さい。(セキュリティーの関係上、それ以外の添付ファイルは開けません)
2.記載内容
−1.お名前
−2.証明写真の用途と枚数
−3.郵送か店頭引き取りか
−4.(郵送の場合のみ) 郵送先住所


費用
写真(プリント)が必要な場合

基本加工料: $25.00
異なるサイズへの変更料: $10.00
写真: 2枚一組で$10 (店頭同様に2枚一組でお願いしております)


例1: 日本用の証明写真への加工+写真1組(2枚)  $25+$10= $35+税金

例2: 新生児用の写真をアメリカのパスポートと日本のパスポート用に各2枚づつ加工する場合、
$25(基本画像加工)+$10(サイズ変更)+$20(写真4枚))=$55+税金

プリントと共にデジタルファイルも必要な場合は、25ドルの追加でお渡しします。
どのサイズのファイルが必要なご指定下さい。
デジタルファイルは、CDか、E-mailでお渡しできます。

 

デジタルファイル(データ)が必要な場合
 

$25 目的に応じたデジタルファイルを作成し、 E-mailにてお送りします。


・ 米国ビザ用(DS160)のデジタルファイル場合は、米国国務省のサイトにて検証してOKされた後にお渡しします。

・ カンボジアやタンザニア、香港など米国ビザ以外の場合は、デジタルファイルの規格を明記してください。

・ 日本の就職用のデジタルファイル(データ)の場合、以下の4種類の日本の就職ウエッブサイト用サイズをお送りします。

  354 x 472
  300 x 400
  240 x 320
  192 x 256

【ご注意】 日本では、デジタルファイルの事を<データ>と呼んでいますが(例えば証明写真をデータで下さい、とか)、これは和製英語で、データというのは記録という意味で、デジタルファイルを指すものではありません。
当店では慣れているので分かりますが、他のアメリカの写真店で依頼するときはデータと言っても通じませんので、Digital File (例えば、Can I have my ID photo in Digital file? )という言葉が普通です。
もっとも、インド系の人々は日本人の言う<データ>の事を<ソフトコピー>というので、それぞれの国でいろいろな名前になっているのでしょう。

デジタルファイルと共にプリントも必要な場合、2枚一組(同じサイズ)で10ドルの追加料金となります。

アメリカのビザ、DS160で、日本でのインタビューではデジタルファイルと写真2枚が必要になります。
例: DS160用のデジタルファイル+2枚の写真=$35.00



郵送料(全米一律)
  $5.95



必要な日数
店頭私の場合 - ご注文の2営業日のお昼(例t:月曜日のご注文は、水曜日のお昼にお引渡し)
  郵送の場合 ー お支払いの確認の翌営業日に郵送。
   
  翌日サービスは、料金が100%アップ(倍額)になりますのでご承知おき下さい。



支払い方法
店頭お渡しの場合は、お引き渡しの時に店頭でお支払い下さい。

郵送の場合は、クレジットカード、電話、ペイパルでお願いしています。具体的な方法については、ここをご覧下さい。

 

 

証明写真関係リンク
日本のパスポート

パスポートの更新などに関する詳細は、ニューヨークの日本領事館をクリックしてください。

 

米国パスポート

アメリカのパスポート申請に必要な書類はここから直接ダウンロードできます。
アメリカのパスポートに必要な写真自体の大きさに関しては ここ に、そして、
これをデジタルカメラなどのデジタルファイルからプリントする場合の規定はここにあります。

 

米国ビザ

最近D156関係の非移民ビザに必要な写真の大きさが変更になりました。
いいかげんなお写真で数ヶ月のポジションを失ったり、申請そのものに問題が出たりします。
多くの弁護士さんが指定しているドイカメラにお任せください。

 

米国永住権

永住権の取得、更新に必要な書類もここから直接ダウンロードできます。
永住権の申請に必要な写真のスペックもあります。
最近、グリーンカードに必要な写真に関して、移民局からの要求が厳しくなっています。
いい加減な写真のために、数ヶ月を失うことのないように気をつけてください。

 

日本での証明写真

日本で安心して、証明写真の撮影を依頼できる店。 米国その他の各国のビザ写真にも詳しい。
東京都三田の「証明写真センター

 

 

 

 

 

コピーライト ドイカメラNY